「-Libra-」に戻る


-Libra- 登場人物紹介


第一章第二章第三章第四章・第五章・

エクト/“赤”の神官
主人公・フレイメア“真の赤”
やさしいツッコミ系
神の火が大好き
だったのに…
カルヤ/“白”の神官
テヲの偉い人
通称「星の君」
来るべき時が来たようだ
教父/“白”の神官
人神派の偉い人(1)
こどもたちに
手を焼いてる
セージュ/“赤”の神官
エクトの修道院時代
からの友人
秘密がばれて雲隠れ
ツィイ=イバ/“黒”の神官
みんなのお医者さん
カルヤの親友
ヴィケメー/“白”の神官
人神派の偉い人(2)
聖女の名を冠する
天才預言者
ポデ/“赤”の神官
のんびり常識人
エクト・セージュの理解者
コルデル/“青”の神官
やるときはやる
セージュの友人
レグナーク/“赤”の神官
人神派の偉い人(3)
ナビラの移し身とされる
人神派の象徴
メリー・メグ/“赤”の神官
ドジでどんくさい
でも弓が得意
ウェルクラウ/“黒”の神官
落ち着いた大人
レグリエッラ/“赤”の神官
人神派の偉い人(4)
ヨハーニヤの移し身とされる
人神派の象徴
モモチ/“赤”の神官
妖精のようなおじさま
アブリール/“赤”の神官
エクトにユビェンに
行かれた人
大司教/“白”の神官
ヒヌトゥマの偉い人
大司教様
すごく偉い
ハイラ/“赤”の神官
キャリアウーマン
大司教/“白”の神官
チノス・フィースの偉い人
大司教様
パラスティナ/“赤”の神官
ヒヌトゥマ“真の赤”
理知的な女性
ゲオルブルグの妻
アミアーマダ/“白”の神官
ナハバの偉い人
司祭
老齢の大司教の代理
ゼロ/“赤”の神官
チノス“真の赤”
クールなビビリ
エクトの友人
ゲオルブルグ/“赤”の神官
ヒヌトゥマ“真の赤”
厳格な男性
パラスティナの夫
マゥリャ/“赤”の神官
ナハバ“真の赤”
のびのび素直
ミラを尊敬してる
グラフ/画家
気分屋の激情家
ゼロの兄
タウジ/“白”の神官
ネルピラの偉い人
通称「公」
公平平等
アディ/ナハバ王太子
熱き魂を輝かせる
太陽の申し子
ミラの旦那
ニァナ/“黒”の神官
何事もスッキリハッキリ
が好きな研究者
キハエル/“赤”の神官
ネルピラ“真の赤”
繊細で傷つきやすい
現代っ子
ミラ/ナハバ王太子妃
本名:ミルヴェーユ
自由奔放に王道を
突き進む
キム/反王政軍員
柄悪い・口悪い
ネネッサの護衛
ツィイ=アムリ/服役中
元“青”の神官
第一章の事件で回廊流しに
イバの妹
ヨギ/フレイメアの王子
本名:ヨーグレンス
外交担当
ネネッサ/反王政軍員
姉御肌
大将が拠点にする場所の
守り役
ヒノ/ユビェン昊主
ユビェン“真の赤”
わらわキャラ
拝火教とは距離を置く
ロウ/フレイメアの王子
本名:ロワアド
軍務担当
大将/反王政軍リーダー
フレイメア反王政軍
─通称“風”(ヴェントス)
のリーダー
ベリーチェ/水神の巫女
第四章の事件で故人に
ヒノとは幼馴染